【開成町】瀬戸屋敷ひなまつり

主屋(横)1

【開催日時】平成24年2月14日~3月5日

【開催時間】10時~17時(最終入園16時)

 

300年の歴史ある茅葺の名主屋敷でもある古民家「瀬戸屋敷」(開成町重要文化財)の敷地約1800坪いっぱいに、雛壇やつるし雛を飾り付けられる「瀬戸屋敷ひなまつり」(毎年2月中旬~3月上旬 開催)。

 

名主・瀬戸家収蔵の雛人形(江戸時代より瀬戸家に代々伝えられたもの)を中心に、7000個もの色とりどりのつるし雛(開成町婦人会による手作りの雛)が飾られ、瀬戸屋敷全体がひなまつりムード一色となります。特に江戸時代の小田原藩主・大久保氏の紋が入った雛の道具類は貴重なもので、瀬戸家のご先祖が大久保家より輿入れの際持参したものと云われるもの。ひなまつりの時のみの限定公開ですので必見です。

 

 

※瀬戸家は代々、現在の開成町の一部である金井島村の名主職を務めてきた家柄。主屋は、桁行(けたゆき)11.5間、梁(はり)行5.5間、面積63坪と神奈川県内でも有数の規模の大きい奇棟造り。庭園には、非日常的な接客を行うオク(南西隅の座敷)に面して、築山(つきやま)のある枯山水(かれさんすい)が設けられています。また離れと主屋の間の中庭には、水路の水を利用して鑑賞池が設けられています。

  

◆神奈川県足柄上郡開成町金井島1336番地

TEL/FAX:0465-84-0050

駐車場有(通常無料・祭期間有料)

<HP>http://www.kaisei-hinamatsuri.com/

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL