開成だんご汁

だんご汁(農家レストランもんぞう)

開成町の郷土料理・だんご汁。

 

江戸時代より米どころであった開成町では、米を精米する際に出る細米(さなご)と呼ばれる粉を使って団子をこしらえ、だんご汁として食してきました。

 

味は、しょうゆや味噌など、それぞれの家で異なったようですが、具にはサトイモをはじめ大根やゴボウなど、家の農地で採れた野菜を使っていました。

 

町内の旧家では今でもだんご汁が家庭の食事として食卓にあがります。

 

※写真は、農家レストランもんぞう(瀬戸屋敷の裏)より。
「農家レストランもんぞう」は、瀬戸屋敷ひなまつりと開成あじさい祭の期間中にオープンしています。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL